アクア

【TOYOTA】アクア

17アスリート

アクアは、トヨタ自動車から発売されているコンパクトタイプの車です。最大の特徴は世界トップレベルとも言われる低燃費を実現していることにあり、プラグインハイブリッドカーを除いたガソリン乗用車の中ではトップクラスの低燃費を誇っています。

 

アクアの燃費はどうなのか?

カタログスペックでは1リッターあたり37.0kmという燃費の良さを備えており、この数字はあのプリウスをも上回ります。驚くほどのアクアの燃費の良さは、アトキンソンサイクルエンジンと高効率モーターの二種類の技術によって実現されています。これらを上手く組み合わせることでガソリンの消費を抑え、3年連続で日本で最も売れた車の座を獲得しました。アクアに使われている駆動技術は、通常のガソリンを使ったエンジンと、バッテリーとモーターによるハイブリッドシステムです。パワーが必要な高速走行時には、高いエンジン効率を実現したガソリンエンジンが使われます。

 

一方で低速走行時には、バッテリーに蓄えられた電力を使ってモーターを回して走行します。電力はブレーキをかけた時に発生する運動エネルギーから回収しており、効率的な走行を実現しています。燃費の良さだけでなく、安定した走行性能もアクアには備わっています。車体は重心を下げて設計されているので、高速走行時におけるハンドリングのふらつきが抑えられています。

 

安定して運転する事ができる

ドライビングポジションについても低く設定しており、安定した操縦が可能になっています。バッテリーやエンジンといったハンドリングに悪影響を及ぼす重量物については、運動性能を妨げないよう車体の中心に近付けて設置しています。加えてホイール間の距離を取ることで運転しやすい設計となっています。このように省燃費を追求したアクアは、エコカー減税にも対応しているので購入しやすい車です。