ワゴンR 買取

ワゴンR

ワゴンRといえば、軽ワゴン界のパイオニアとして君臨してきました。

 

現在のワゴンRは5代目となり、往来比で最大70kgの軽量化をはかっています。軽自動車で初のエネルギー回生システムや新世代アイドリングストップ機構などを使用しています。往来モデルと同様にノーマルなワゴンRとスタイリッシュなワゴンRの2タイプがあります。

 

1世代前のワゴンRは2010年から2012年9月までの発売でアイドリングストップシステムが一部機種に設定されています。燃費向上のため副変速機構付CVTを搭載しています。ワゴンRは中古車買取をする業界でも中古車査定の見積もりランキングの上位に君臨しています。

 

人気があるため、車買取の際の車査定は高めになっています。

 

ワゴンRの車買取・車査定事情について

ワゴンRはトール型軽自動車であり軽の革命的モデルとして颯爽と登場しました。売れ行きも絶好調で初代のワゴンRは何度もマイナーチェンジや改良を図りました。

 

1998年のフルモデルチェンジが二代目ですが、実質的な乗り心地の良さがドライバーから多くの賛同を得ました。

 

人気はとどまるところを知らず、2010年には350万台を超えるという記録を達成しています。

 

このようにワゴンRは高い人気を持続しているため、新しいモデルで、走行距離が少ないものほど中古車買取の業者が、比較的高い価格で車買取をしてくれます。

 

ただしモデルチェンジが多く、したがって買い替えチャンスが多いため、車査定をする上で驚くような高額な中古車査定になることはないといえます。