レガシィB4 買取

レガシィB4

レガシィが発売された1989年当初から、セダンとワゴンが設定されていて、またその当時ラリーにも参戦していたことからスポーツタイプのイメージがあることが特徴となっていました。

 

2代目へとモデルチェンジしてきたのですが、セダンはワゴンよりも遅れて登場し、3代目の時にレガシィB4とネーム付けられたということです。マイナーチェンジしていく中で、燃費向上につながるようにと、SI-DRIVEを搭載していたり、ECOゲージを採用するなどしています。新型のレガシィB4では、安定した操縦と乗り心地、また静寂性であることも好評価となっているようです。

 

搭載エンジンは、水平対向の4気筒と6気筒となっていてSI-DRIVEも搭載しているということで楽しく走ることができるようです。

 

車買取や車査定をする上でも、このようなところが魅力となっているようです。

 

中古車買取や中古車査定にしても、ボディのメンテナンスさえしっかりしていれば、査定額としても高くなり、良い状態のものを買い取ることができるようです。

 

レガシィB4の車買取・車査定事情について

レガシィB4は、発売当初からすると3代目のセダンタイプとなりますが、それまではツーリングワゴンからすると影が薄い存在でした。しかし、このB4はスポーツタイプのセダンということで、5ナンバーの枠に入っています。

 

前のタイプだと、スポーツタイプだとしても大きな羽根だとか派手なエアロパーツといったものはないため、ちょっと控えめであるため中高年の方が乗っても違和感なく乗ることができるタイプでした。

 

しかし、新しくなったモデルが前のものよりも全長4605ミリに全幅1695ミリと大きくはなっても、旧型のモデルから新型へと車買取や車査定して、買い替える方がたくさんいるということです。SI-DRIVEなどを搭載しているということもあり、静かな走りと安定した乗り心地で、中古車買取や中古車査定をされる中でも人気があるようです。