ekワゴン 買取

ekワゴン

三菱自動車工業が製造・販売しているeKシリーズの一番初めに販売されたのがeKワゴンです。

 

eKシリーズはすべて軽自動車でeKとはExcellentK-carの略でいい軽自動車という意味があります。実用的な軽自動車で値段が安いことや車高は1550mで立体駐車場に対応していることが魅力的です。eKワゴンは2001年に初めて販売され2003年・2004年・2005年に毎年一部を改良し、2006年にはフルモデルチェンジをしています。中古車買取は2007年式が多く、それ以降の年式や電動スライドドア仕様であれば中古車査定がアップするかもしれません。

 

しかし車査定は年式だけでなくグレード・走行距離・車の状態などにより差がでるため車買取額は車によってさまざまで一様に決定することは困難です。

 

eKワゴンの車買取・車査定事情について

三菱のeKワゴンは2001年から現在まで発売されている軽自動車です。ネーミングのekには「いい軽」という意味が込められているそうです。

 

このekワゴンは、ベーシック系とスポーツ系に分けられ、クセのない内外装で、使いやすい設計です。

 

現行モデルは2006年にフルモデルチェンジを行ったモデルで、助手席側に電動スライドドアを設定したモデルが登場しました。

 

ekワゴンの車買取をみてみましょう。2007年式が多く流通しているようです。それ以降の年式であれば車査定の評価が上がる可能性が高いようです。買取の高評価には電動スライドドアや、ekスポーツであればなお期待が持てるでしょう。

 

また子育て女性をターゲットした仕様車Marble Editionも買取で高い査定の実績を出しているようです。

 

インターネットではekワゴンの中古車買取、中古車査定の情報がグラフなどで分かりやすく見ることができます。