デミオ 買取

デミオ

スポーティーな走りを楽しめるその性能の良さや、室内空間の広さ、燃費の良さ、手頃な価格などから、実用的コンパクトカーとして人気を誇るマツダ・デミオ。

 

デミオはミニバンが主流だった1996年の発売当初から、コンパクトカーの先駆けとして人気となりマツダの救世主とまで呼ばれた車ですが、現在まで3回のフルモデルチェンジを重ね、2007年には日本カーオブザイヤーに選ばれるほど評価の高い車として、その存在感を示しています。それゆえ、中古車市場でもデミオは大変人気があり、特に2007年7月に発売された、より低燃費でよりコンパクトでスタイリッシュな3代目の最新型は、車買取額もかなり期待が持てるでしょう。

 

ただし、それ以前の型落ちしたものや、走行距離が長い車は、中古車買取店に車査定に出しても、かなり額が落ちるかもしれません。デミオのような車は、より新しく、より走行距離が少ないものに高い値が付くようです。ただし、オプションやグレード、車のボディーカラー、その車の状態などから査定額もかなり変わる場合もありますので、一度、多くの車買取店に、一括して中古車査定に出してみるといいでしょう。

 

オンラインなどを利用すると、数分で結果が出るので、古くて走行距離が長いからと諦めないで、見積もりは無料なので、一度気軽にトライしてみる価値はあると思います。

 

デミオの車買取・車査定事情について

デミオはマツダを代表するコンパクトカーで、そのスポーティーな走りを楽しめる性能や室内空間の広さなど、実用的にも優れた車として、1996年の販売開始以来、絶大な人気を誇っています。

 

特にその中でも、2007年にフルモデルチェンジした3代目の最新型が特に人気があり、新しさという面でももちろんですが、最大1lあたり30kmといった燃費の良さや、2代目よりもコンパクトで10kgも軽くなった、よりスタイリッシュでスポーティーなボディーも人気を呼び、それ以降発売したモデルは中古車買取額もかなり期待できる存在となっています。

 

ただ、デミオは、3年以上前のものや、前のモデルのものなどは、かなり車買取額も下がってしまうケースが目立ちます。特に、走行距離が長い車は、中古車査定にかけても思ったような値が付いてこない可能性もあります。

 

デミオの高価買取を望むなら、なるべく2年から3年前までの型落ちしていない間で、走行距離も5万kmを超えないものがベストだと言えるでしょう。

 

ただし、デミオは人気車種で売れ筋の車ですので、どのような車も諦めないで複数の中古車買取店に車査定にかけてみると、もしかしたら思ったよりいい査定がもらえるかもしれないので、ネットなどを利用して、一括査定をしてもらうことをおすすめします。

関連ページ

MPV買取
AZ-ワゴン買取