フィット買取

フィット

フィットは、2001年に誕生したコンパクトカーです。

 

ホンダの乗用車の中では小型であったにもかかわらず、広い荷物スペースが確保されていたため、誕生以来大ヒットとなっています。広さの秘密は、センタータンクレイアウトと呼ばれる燃料タンクをフロントシート下部に配置したレイアウトにあります。

 

2007年には、2代目がフルモデルチェンジをして登場しました。室内空間が広くなり使い勝手も改善され、さらに高いデザイン性や低燃費により男女を問わず人気となりました。

 

中古車買取では、白と黒のカラーが人気で、車査定額にも大きく影響しそうです。また、もし新たにフィットのモデルチェンジは行われ、現行モデルが旧式になると、中古車買市場では中古車査定額が下がってしまうため、注意が必要です。

 

フィットの車買取・車査定事情について

フィットは、2001年に誕生したホンダを代表するコンパクトカーです。

 

初代フィットは、コンパクトカーでありながら広い荷物スペースがあり、さらに優れた走行性能と低燃費を両立させ一躍人気となりました。エンジンは、L13A型 1.3L SOHC i-DSI、トランスミッションはCVTのみの設定でしたが、後に5速MTも追加されました。

 

2代目は、2007年にフルモデルチェンジし登場しました。エンジンは、出力アップした1.3Lと1.5Lのi-VTECエンジンを設定し、1.3Lはベーシックな「G」と上級「L」、1.5Lはスポーツタイプ「RS」をラインアップしました。

 

フィットは、人気の高い車種のため中古車買取時も、状態によっては高額な中古車査定額が期待できます。中でも人気のカラーは、白と黒です。

 

また、本革シート・純正カーナビ・サンルーフの3点セットが付いているか、 走行距離がどのくらいかによっても査定額が変わってきます。